teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


漱石の回心(則天去私)

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 7月 6日(日)15時57分50秒
  相対的に「世間」なるもの、個別的にいえば自然や社会や、朋友や妻子や自分自身のように、「世間」をつくっていながら、
じぶんに敵対し、じぶんを孤独なたたかいに追いつめるとかんがえていたものは、存外じぶんの精神の温度の寒冷や温暖の度合いに応じて、
融けたり、またつめたく固まったりするものではないか。そう実感し、はっと気づいた時、作品の形態が、
この孤独の寒冷と常識的な「世間」との差異
によってつくられるものだと、はじ
めて意識したのだ。(吉本隆明 形態論より)
 
 

詐欺サイトにご注意

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 7月 1日(火)17時19分20秒
編集済
  http://www.sellingproductsjp.com/movevarier-p-3180.html  

こころ

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 3月 6日(金)16時19分54秒
  吉本 サルも含めて他の動物は違いますが、人間の赤ん坊だけは、本来ならもっと母親のおなかにいるべきなのに一年だけ早く生まれ出てきてしまう、というのが生物学の定説です。これが問題です。つまり、動物と違って、赤ん坊は生まれて一年間母親又は母親代理がいなければ生きられない。だから、この一年間に、母親から精神が安定するような授乳のされ方皮膚を接した愛され方をして親和関係がもてたかどうかが重要になります。このあいだに人間の「心」を決定するほとんどすべてのものが刷り込まれてしまう。
----そのときの心」というのは?
吉本 実はぼくも、「心」の定義ができるようになったのはつい最近のことで、三木成夫さんという解剖学者の本から教えられたことなんです。つまり、「心」というのは主に内臓の動きの表出なんです。たとえば胃が悪くなれば憂鬱になる。びっくりしたときは「ハア、ハア」と呼吸が乱れる。精神を集中させるときは「ウッ」と息を止めたりする。これは感覚とは違います。感覚というのは目で見たとか、鼻でかいだとかいう外界との五感の反応です。
「心」はそれと違って内臓と関係がある精神の動きです。この「心」のありようが、一才未満の母親との関係で決まっちゃう。というのが僕の理論です。
 

「つきかげ」

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 3月 6日(金)16時02分9秒
  戦後四、五年たってからの作品

わが生はかくのごとけむおのがため納豆買ひて帰るゆふぐれ
 

「寒雲」

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 3月 6日(金)15時59分18秒
  昭和十年代

自転車のうへの氷を忽ちに鋸もちて挽きはじめたり
 

「たかはら」

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 3月 6日(金)15時55分56秒
  章魚(たこ)の足を煮てひさぎをる店ありて玉の井町に心は和(な)ぎぬ  

「つゆもじ」

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 3月 6日(金)15時53分21秒
  海のべの唐津のやどりしばしばも噛みあつる飯の砂のかなしさ  

「あらたま」

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 3月 6日(金)15時48分48秒
  大正十年より

ふゆ空に虹の立つこそやさしけれ角兵衛童子坂のぼりつつ
 

赤光 擬声語

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 3月 6日(金)15時43分51秒
  あはれなる女の瞼恋いひ撫でてその夜ほとほとわれは死にけり  

赤光 擬声語

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 3月 6日(金)15時41分5秒
  大正二年の作品

笛の音のとろりほろろと鳴りたれば紅色の獅子あらはれにけり
 

レンタル掲示板
/11